タロット占いの歴史

Pocket

タロット占いは、タロットカードを用いた占術で、昔から根強い人気を誇っています。

このタロット占いが始まったのがいつ頃なのかは、実はよく分かっておらず、現在最も有力な説では1540年頃だと言われています。
当時のタロット占いはタロットカード自体に深い意味はなく、質問内容から最も近い2つのカードの組み合わせから、45パターンの答えを導き出すというものでした。

カードリーディングが行われるようになった時期も定かではありませんが、18世紀の初め頃にはカードを使って占いが行われていたそうです。
また、この頃から口伝によりタロット占いが広まっていき、後に初めてタロット占いを書物としてまとめた「エテイヤ」により、タロット占いが古代エジプト期限を起源にした占いとして考えられるようになりました。

ブームの発端となったのが1909年頃とされ、広く大衆に知られて今に至ります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です