こんな会話に要注意!占い師の引き伸ばしテクニック

Pocket

電話占いに在籍している占い師は基本的に分給となっています。つまり話す時間が長ければお給料も貰えるシステムになっているため、中にはあの手この手で占い時間を引き延ばそうとしている占い師もいらっしゃいます。
今回は注意したい引き伸ばしのテクニックをご紹介いたします!

まず引き伸ばし占い師に多くて分かりやすい引き伸ばしが、世間話です。相談した内容に対して「私も似た経験したけどその時は〜」というように自分の話を始めてしまう占い師は注意しましょう。
こちらは相談内容に対しての答えが知りたいわけであって、占い師のどうでもいい話を聞きに来たのではありません。
このような話になったら「急用が入っちゃって…」と適当な嘘をついて電話を切ってしまいましょう。
また鑑定結果の肝心な部分をあえて遅く言う占い師もいます。最初に自分で◯分と決めて電話していたとしても、肝心な部分が後から出てきたら時間オーバーしても聞きたくなってしまいます。そうした心理を狙って後出しで肝心な結果を伝えてくる占い師には注意しましょう。

こうした引き伸ばしテクニックを使っている占い師は要注意ですが、占術によっては鑑定時間が長めになってしまうものもあります。その場合は占い師のプロフィールなどに「時間を頂く場合がございます」というような一文が記載されていますので、事前に確認してみましょう。
時間が長い=引き伸ばししている占い師というわけではない点に注意してください。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です