日本生まれの占いとは

Pocket

現在日本でも行われている占いの多くは海外が発祥のものが多いです。特に占いが盛んな中国からきた四柱推命や風水などは、多くの占いの基礎として活躍しています。
日本で独自にアレンジされた占いというものもありますが、元の考えは中国から生まれた占いということが多いので、純粋に日本で生まれた占いは少ないです。

しかし、もちろん日本から生まれた占いも存在します。その最もたる例がおみくじです。
主に元旦に引くおみくじですが、日本では古代から政治面や戦の方針など重要な事柄を決めるためにもおみくじが使われてきました。現在のように個人の運勢を占うために使われるようになったのは鎌倉時代初期からと言われています。

おみくじはあまり占いという印象はないかもしれませんが、次におみくじを引くときは吉凶のみだけではなく、そこに書かれている内容もきちんと読んで楽しんでみてください。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です